食事は自分の筋肉を育てる際に非常に重要

食事は自分の筋肉を育てる際に非常に重要

筋肉を付けたいと思った時には筋トレをするかと思います。マシンや自重トレーニングなどを行い、自分の筋肉を育てるでしょう。

 

体を引き締めたりダイエットが目的という方はともかく、ただ純粋に筋肉を付けたいと考えている方はあまり食事を意識しないかもしれません。

 

しかし実は食事というのは筋トレをする際に非常に重要となってくるものなのです。栄養があまり摂れていない状態で筋トレをしても、反対に筋肉が痩せてしまう可能性があるため、しっかり食事をとって必要な栄養を補う必要があります。筋肉を育てたいときに摂取すべきものといえばたんぱく質だという話は有名ですが、たんぱく質のみではあまり意味を成しません。

 

たんぱく質とともに筋肉の成長において重要な役割のある炭水化物も摂取する必要があるのです。その他にも代謝に関わってくるビタミンやミネラルも摂取したいところです。つまり筋肉をつける上で大切なのはバランスの良い食事をとることだと言えるでしょう。筋トレをしているときに重要な食事のタイミングはトレーニングを終えた後、特に30分以内が良いとされています。

 

トレーニング後の30分はたんぱく質の吸収率が非常に高まる時間帯のため、この時にプロテインやたんぱく質の豊富な食事を摂取すると良いでしょう。勿論炭水化物なども摂取したい時間です。たんぱく質を多く含んでいる食材は鶏のささ身や胸肉、牛の赤身といった肉類や、サバやマグロなどの魚、豆腐や納豆などの豆類など比較的バラエティ豊かなラインナップとなっています。毎日同じメニューでは飽きてしまい続かないという方はこれらの食材を使用したレシピを調べてみるのも良いかと思います。

 

炭水化物は米やパン、麺など主食で摂取することが可能なため、牛丼やミートソーススパゲティなどたんぱく質も一緒に摂れる組み合わせも少なくありません。トレーニングに勤しむことも大切ですが、食事の管理をしっかりとすることも筋トレの一環と言えるでしょう。